償却

のれんの活用法

のれんは様々な場面で活用されています。
シンプルなようですが形状にも種類がいくつかあり、用途によって必要な形を
選ぶことができます。


もっとも多いのがやはり飲食店や商店の店先にかけられているものですが、
他にも日よけとしてののれんや自宅での活用方法もあるため
上手く使いこなしていくことが必要とされます。

そんなのれんの償却と税務上の処理について、のれんとは他社を買収等により
自社に吸収合併させたときに使うものです。会計方法

 

吸収される会社の資産と負債をすべて引き継ぐので、会計処理上は
資産も負債もすべてを自社に加算することになります。


会社経営には必須!「減価償却」の4つの方法とメリット


減価償却とは企業会計に関わる購入費用の認識と計算の方法です。
長い間使われている固定資産の取得にかかった支出を、その資産を使うことができる期間に
費用配分をする手続きのことをいいます。


会計処理をする際は、各期間の減価償却費にあたる額のみ固定資産を減らすことが必要です。

減価償却には四つの方法があります。
一つ目は定額法で、毎年一定の金額を償却する仕組みで毎年の減価償却費を
均等にできるというメリットがありますが、耐用年数後半に費用が増加してしまうという部分が欠点です。


二つ目は定率法で、毎年その期首の未償却残高に応じて一定の率を償却する仕組みで
投下資本を早い段階で回収できるというメリットがあります。


三つ目は級数法(年数総和法)です。
加速度的減価償却法の中の一種で、償却期間が早いタイミングに
大きく償却することによって、利益を圧縮できるというメリットがあります。


四つ目は生産高比例法で、見積総生産高を基準に計算することができるもので
費用と収益の対応が合理的だというメリットがありますが、適用されるものは少なく
飛行機や自動車などに限られています。


のれんの処理の方法は?


会計上の処理は仕訳としては借方資産、貸方負債になるわけですが、その差額がのれんとなります。

こののれんは固定資産に分類され、20年以内に償却をしなければならなくなります。


固定資産減価償却費として、20年間の内で一定期間内は毎決算期に費用計上をして
資産価値を減少させていく必要があります。のれんについて

 

つまり20年間のうちにこののれんをすべて終了させる必要があります。

費用計上となりますので結果的に利益は少なくなり、税務上も税金負担は少なくなります。


しかし、国際会計基準を適用している場合はのれんを減価償却費として
計上しないこともありますので、その分は利益として多くなります。

そのため、事前に不明な部分がないかどうかは確認しておくと良いでしょう。