京都のれんはエコを意識して暖簾政策をしている

のれんの活用法ゴミ問題というのはどこの自治体も頭を抱えていることが多いものです。
正しい分別方法を守ることも大事ですが、どんどん増え続けるゴミの処理問題は
解決の糸を掴めていないことも多いものです。


ですからリサイクル、再生できるものはどんどん活用していることがほとんどですが、
なかでもPETボトル再利用は再生エコ物質率100%として注目されています。


ペットボトルなどのプラスチック製品は細かく分解されてしまったものが
海や川に流出し、生態系を乱れさせてしまっているということが問題です。


目に見えないほどの大きさの細かいプラスチック製品は、そのまま魚が飲み込み、私たちの体内に取り込まれていきます。


こうした被害を少しでも減らしていくことにつながるでしょう。暖簾は昔からあるものですが、
デザインや仕様を変えて、一般家庭でも利用されているものです。


こうしたリサイクルを利用したサスティナブル生地で暖簾製作をしている会社というのは
好感を持つことができますし、購入して使うことで自分もリサイクル活動に参加している気分になれるので良いです。


エコに関する意識というのも広がっていくことでしょう。企業努力も感じられる商品という事ができます。

のれんでできる環境保護

サスティナブル生地は丈夫なのも魅力


サスティナブル生地で作られている暖簾は丈夫で質が良いということもおすすめです。
どんなにリサイクルに良くてエコになっていたとしても、その製品自体に不具合があったり、
品質が悪い物であれば誰も使わないでしょう。


特に暖簾はおしゃれやインテリア目的で購入する人も多いですから、せっかくサスティナブル生地が
気に入って購入したのに、すぐに破損してしまったり使えなくなってしまっては残念です。


京都のれんの作る、サスティナブル生地のれんは丈夫で暖簾としての機能も良いのが魅力的です。
暖簾や生地そのものにあまり興味がないという人であれば、いったんサスティナブル生地の素材に触れて見るのも良いです。

のれんの生地を確かめる


綿や絹という素材であれば洋服などで着たこともあるので、触れて見なくても想像がつく、ということが多いですが、
サスティナブル生地という言葉を聞いても触り心地などは思い浮かばないという人も多いものです。


ですからまずは生地の素材に注目してみましょう。いったん実物を見たり触ったりすると、
PETボトル再利用で出来ていることにも感動できますし、また物の見方というのも変化してくるものです。
エコについての勉強にもなります。